北海道の鉄道工事は札幌市の匠

沿革

沿革

History

平成22年
北海道軌道施設工業との基本契約
札幌管内JR保線工事
平成23年
北海道新幹線軌道敷設工事
市電工事(中央病院~五稜郭公園前間軌道改良工事)
平成25年
株式会社匠 函館支店開設
平成26年
御影・上芽室間ほか3区間PCマクラギ化
千歳線スラブ工事
平成27年
羽帯・御影間ほか3区間PCマクラギ化
千歳線スラブ工事
平成28年
業務拡大の為、鉄道事業部を開設
芽室・西帯広間ほか1区間PCマクラギ化
新得・十勝清水間佐幌川軌きょう敷設(災害復旧)
平成29年
宗谷線軌道保守修繕工事等進出
北海道軌道施設工業株式会社 旭川支店旭川第2出張所幌延基地
JR名寄保線所管内軌道工事受注
平成30年
全道一社制保線業務開始
JR北海道工務部より土木建築入札資格取得
工事受注開始(札幌、岩見沢、追分旭、旭川、名寄各保線所)
北海道胆振東部地震による線路災害の応復旧工事従事
平成31年・令和元年
追分地区夕張線廃止に伴い、土木工事受注
株式会社匠 旭川支店開所
北海道胆振東部地震による線路災害の応復旧工事が評価され、北海道軌道施設工業より感謝状を授与される。